通せんぼ

はじめまして!!
ホーム薬局フジイ、薬剤師 藤井竜也です。

 

最近流行のイクメンパパを目指し、日々子育て奮闘中でございます。
去年の9月に女の子が生まれ、8ヶ月になります。
ここでは彼女を『お嬢』と呼ぶことにします。

お嬢は最近、ハイハイ(ずり這い)ができるようになり、部屋の色々な場所へ移動しては、悪戯をするようになりました。
色々なものに興味を持つお年頃。
そこら中を這いずり回り、気になった物を舐め回すのです!

 「あー、そこは汚いからダメ!!」ってならないよう(しょっちゅう言ってますが…)お嬢がモップ状態になる前に常に部屋を掃除しておかなければなりません。

 そこで役立つのがこのルンバくん。

お嬢同様に、その辺を這いずり回り掃除してくれます。(お嬢の方がイスやテーブルの脚の隙間を通れる分優秀ですが・・・)
お嬢も自分と同じ物を感じるのか、ルンバ君に興味津々の様です。

しかし、よじ登ろうとして、真ん中のボタンを押してしまうと・・・

 

「ピポッピポー シュウィィィィィン」と動き出します

 

Σ(゚Д゚)

 

フェ──・゚・(。>д<。)・゚・──ン!!

びっくりして泣くも、懲りずにルンバのもとへ・・・
一時期、ルンバの上に猫が乗る動画が流行りましたが、赤ちゃん オンザルンバ も面白いと思います。
しかし、指などを巻き込まれては大変!! 

ルンバの他にも、鉢植えや電子機器、石のダルマ(!?)など危ない物がいっぱい!
そろそろこういう物に近づけないよう努力をしないといけません。

私が小さい頃はこのような檻に閉じ込められていましたが

 

※写真がなかったのでイメージです

せっかく新築の広いリビングをつくったのだから、広々と遊ばせてやりたい・・・
家具も角の丸い物を選んだし!! 

色々考えた結果、我が家のリビングは対面キッチンとダイニング、リビングが続いているので、キッチン側に危ない物を移動し、キッチンと壁との間にフェンスを設置するのが良いという結論に至りました。

調べてみると、このフェンスは『ベビーゲート』という名称で販売しているそうです。

突っ張り棒に布を張ったようなシンプルなものから、扉付きのものまで色々ありますが、ダイニングとキッチンとの行き来には扉付きの方が絶対良いです。

こんなやつ

しかしこれ・・・ た、高っっ!!
4千円から2万円以上するものまであります!!

しかも、我が家のキッチンと壁との距離は約140センチ。
そんな幅広いゲートは殆どなく、ネットで探しても激高(´;ω;`)

うーん・・・ これは作れるのでは?

と思い調べてみると・・・ありました! 

なになに、100均で手に入るものでできる!?

これは作るしかない!!と決心したパパでした。

 

どうなることやら・・・

続きは次回!!

2+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。